楽天コミュニケーションズ光は3つのプロバイダーがある

楽天コミュニケーションズ株式会社は個人用で3つのプロバイダーを運営しています。法人向けには「楽天ブロードバンドプレミアム」、個人向けには「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」です。

 

【楽天コミュニケーションズ光が運営している3つのプロバイダー】

プロバイダー 法人用
/個人用
光回線サービス名 備考
楽天ブロードバンドプレミアム 法人用 楽天コミュニケーションズ光 当初から楽天コミュニケーションズ(株)が運営
楽天ブロードバンド 個人用
SUNNET 個人用 楽天コミュニケーションズ光(タイプS) 三洋電機系プロバイダーで2014年に事業譲渡で楽天グループのプロバイダーに

個人が光回線をお申し込みする場合は、お申し込み先によって2つのプロバイダー(「楽天ブロードバンド」か「SUNNET」)が決まってきます。この2つのプロバイダーの料金が変わることはありませんが特徴に違いがあります。

「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」は全く別々で運営

楽天コミュニケーションズ光で個人用のプロバイダー「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」は現在同じ会社のサービスであるにも関わらず、全く別々で運営されています。

お互いコールセンターや技術サービス部門を持っており、通信設備が違います。また会員情報の共有も一切行っていません。

2つのプロバイダーには決定的違いがあります

プロバイダー名 決定的違い
楽天ブロードバンド ・メールアドレスが最大10ヶまで無料で持てる
・v6プラス対応していない
SUNNET ・メールアドレスは1ヶのみ
・v6プラスに対応している

 

決定的違いとは、SUNNETは次世代ネットワークを利用した高速接続サービス「v6プラス」に対応していますが、楽天ブロードバンドは対応していないことです。

最近メールアドレスはプロバイダーが提供しているものを使わない方も増えてきました。それはGメールやYahooメール等、無料で操作性の高い電子メールサービスがありますのでプロバイダーが提供するメールサービスの必要性が薄れてきたようです。よって楽天ブロードバンドのメールアドレス最大10ヶ無料より、SUNNETのv6プラスに対応している方が格段に大きな魅力です。

v6プラスは高速通信でとても魅力があります。詳しい記事は下記でご確認ください。

 

 

v6プラスに対応しているプロバイダー「SUNNET」が指定されているお申し込み先は下記になります。

>>楽天コミュニケーションズ光を申し込む<<