楽天コミュニケーションズ光(楽天ひかり)とソフトバンク光は、共にNTT東日本/西日本の光回線を借り独自のプロバイダーとセットにして運営している光コラボレーションサービスです。
楽天コミュニケーションズ光は月額料金が格安な上に楽天スーパーポイントが毎月付与されることで最近は特に人気急上昇の光回線サービスです。
ソフトバンク光は、SoftBankスマホユーザーにはセット割りが適用される光回線で、トータル月額通信料金を下げたいSoftBankユーザーには大変人気の高い光回線サービスです。
そこで共に人気の高い「楽天コミュニケーションズ光」と「ソフトバンク光」の光コラボ同士で比較をしてみましたので解説します。

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の料金比較

楽天ひかりとソフトバンク光の料金比較

 

新規お申し込み 楽天ひかり ソフトバンク光
戸建て マンション 戸建て マンション
光回線 NTT東日本/西日本の光回線
契約期間 2年 2年
初期費用 事務手数料 800円 3,000円
工事費(※1) 18,000円 15,000円 24,000円 24,000円
月額料金(プロバイダー料込) 4,800円 3,800円 5,200円 3,800円
+楽天ポイント 200pt
キャッシュバックキャンペーン
(新規OP無しの場合)
15,000円 33,000円
スマホ割
(月額料金の割引額)
なし おうち割 光セット(※2)

【スマ放題/スマ放題ライト】

データ定額(5G~50G)   ▲1000円
データ定額(5G~50G)以外 ▲500円

【パケット・データし放題or定額】

プランにより▲500円~▲1,000円

おうち割光セット割引き金額詳細はこちら

解約時の解約違約金  9,500円   9,500円

※1 工事費:楽天ひかり、ソフトバンク光とも実質工事費無料キャンペーンは、時期によって実施しています。

※2 おうち割 光セット:スマホのSoftBankユーザーが適用されるスマホ割りのことです。おうち割 光セットは、家族全員がそれぞれ適用対象になります。

楽天ひかりとソフトバンク光の料金比較についてのまとめ

【ソフトバンク光の「おうち割光セット」を適用しなかった場合】

2年間のお支払い総額の合計
=初期費用(事務手数料+工事費)+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額

戸建て マンション
楽天ひかり 工事費無料の場合 94,600円 72,200円
工事費実費の場合 112,600円 87,200円
ソフトバンク光 工事費無料の場合 94,800円 61,200円
工事費実費の場合 118,800円 85,200円

※楽天ひかりは、毎月付与される楽天スーパーポイント200ptは200円として金額換算しています。

楽天コミュニケーションズ光は戸建てプランにおいて、ソフトバンク光より少々安くなります。
但しマンションプランにおいてはソフトバンク光の方が安くなります。

【ソフトバンク光のおうち割 光セットを適用した場合】

ソフトバンク光は、おうち割 光セットを適用した場合、圧倒的に楽天ひかりよりお安くなります。
但しソフトバンク光の「おうち割 光セット」を適用するには、少々複雑な条件がありました。

【ソフトバンク光の「おうち割 光セット」を適用条件】
ソフトバンク光のオプション「光BBユニット」、「Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパック」のいずれか、および「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン」のいずれかにご加入すること。
ソフトバンク光のオプション 概要 月額料金
光BBユニット BBフォン/Wi-Fiマルチパック/光電話機能/ひかり電話機能をご利用になる際必要となるブロードバンドルータのレンタルサービス 457円
Wi-Fiマルチパック 配線が不要で、家中どこからでもノート型パソコンやスマートフォン、家庭用ゲーム機、携帯用ゲーム機などで自由にインターネットが楽しめる機能。また、複数の端末から同時に無線アクセスが可能 990円
Wi-Fi地デジパック
(既に新規受付終了)
光BBユニットに地デジチューナーをつなげて地上デジタル放送を楽しむ機能。無線LANだから、家中色々な場所からテレビやネットにアクセスできる 467円
ホワイト光電話 おトクな固定電話サービス。今お使いの電話番号そのままで、緊急特番への通話も可能 467円~
光電話(N)+BBフォン 光ファイバーを使ったおトクな固定電話サービス。 500円
BBフォン おうちのでんわ・ホワイト光電話・BBフォンどうしなら通話料が無料!BBフォンはインターネット回線を活用したIP電話サービス。一般電話への通話料金も全国一律でとてもおトク、相手先との距離を気にせずゆっくり通話可能 467円

要は、ソフトバンク光のオプションとしてWiFiルーターレンタルとひかり電話の契約が条件ということになります。

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の回線速度を比較

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】サービス内容で比較

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の通信技術で比較

楽天ひかり ソフトバンク光
IPv6対応 v6プラス IPv6 IPoE + IPv4
プロバイダー ・SUNNET
・楽天ブロードバンド(IPv6未対応)
・Yahoo!BB

楽天ひかりとソフトバンク光の回線速度の比較まとめ

楽天ひかりとドコモ光は共にNTT東日本/西日本の光回線(フレッツ光)を借りて運営していますが、両サービスとも次世代通信技術のIPv6に対応しています。言い方は違っていますが同様の通信技術です。

よって最近は、NTT東日本/西日本の光回線(フレッツ光)は混雑が原因で遅いとの一部評判がありますが、楽天ひかりとソフトバンク光においてはIPv6の通信技術を適用することでいつでも安定した高速通信が可能ですので、安心して利用できます。

楽天ひかりのプロバイダーは、※要注意※

楽天ひかりの場合、高速通信可能なv6プラスに対応しているプロバイダーはSUNNETのみです。よってお申し込みを検討する場合はSUNNETを選択することをおすすめします。

楽天ひかりのお申し込み先によってプロバイダーは決まりますので、ご注意ください。

 

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】比較まとめ

いかがだったでしょうか。
楽天コミュニケーションズ光(楽天ひかり)とソフトバンク光はともにかなり格安な光回線です。そして両サービス共に次世代通信技術のIPv6に対応していることから、いつでも高速で安定した快適なインターネット環境が実現できます。インターネットの通信機能であれば品質は同等で満足できるものです。

そしてソフトバンク光のオプションサービスは楽天ひかりより多くありますが、基本サービスは同等といえます。

よって楽天ひかりとソフトバンク光は、キャンペーンの違いによってトータル料金の違いが若干あるくらいで、両サービスともお勧めの光回線です。

  • 戸建てプランでお探しの方 ⇒ 楽天コミュニケーションズ光
  • マンションプランでお探しの方 ⇒ ソフトバンク光
  • スマホがSoftBankの方でひかり電話も一緒にお申し込みする方 ⇒ ソフトバンク光

 

 

【楽天コミュニケーションズ光のお申し込み先】

次世代通信技術のv6プラス(IPv6)に対応しているプロバイダー「SUNNET」が指定されているお申し込み先はこちらから↓

>>楽天コミュニケーションズ光を申し込む<<

 

【ソフトバンク光のお申し込み先】

キャッシュバックキャンペーンが最も充実している高信頼のお申し込み先はこちらから↓

>>ソフトバンク光を申し込む<<